飯田祐巳のほわほわ紀行

飯田祐巳です!ネサフで見つけた興味深い記事をご紹介していきます!

飯田祐巳のハワイの朝食♡その2

飯田祐巳ですー♪ハワイの朝食特集ですがその1に続き今回も美味しそすぎてやばい!

朝は時間がなくて朝食を抜いちゃうことも多いわたくし飯田祐巳・・・

朝活始めようかと検討しております!!エッグベネディクトって作れるのだろうか。

ど~ぞ~。

 

 

チーズバーガー ビーチウォーク Cheeseburger Beachwalk

チーズバーガービーチウォーク テラス席
▲チーズバーガービーチウォーク

「チーズバーガー・ビーチウォーク」は、先ほどご紹介した「チーズバーガー・ワイキキ」のグループ店。

ワイキキ・ビーチウォークの2階にあるので、こちらは行きやすいですね〜。

「テラス席が通路に有る」っていう点がかなり気になっていたけれど、朝に限っては、2階にある他店舗がまだ営業していないため人通りは殆ど無く、のんびり過ごす事が出来ました。

「チーズバーガー・ビーチウォーク」にも、1つ前の「チーズバーガーワイキキ」でご紹介した5.99ドルの「ブレックファスト スペシャル」があります。

価格も内容も同じですが、時間は朝8:00〜お昼の12:00まで。こちらの方が1時間長いです。ビーチウォーク店でも、「ブレックファスト スペシャル」は、メニューに記載されていないので聞いてみてくださいね。

チーズバーガー 朝食メニュー ハワイアン
▲朝食メニュー・オムレツのハワイアン

では、ブレックファスト・スペシャル以外の朝食メニューをご紹介します。(メニューに載っています)

こちらは、オムレツ「ハワイアン」。

ポルトガルソーセージ・パイナップル・コルビージャックチーズのオムレツです。

これは、オムレツの中身を自分好みにカスタマイズできるメニュー「BUILD YOUR OWN OMELET」を分かりやすくセットにし「ハワイアン」と名付けた商品で、

ベースは10.5ドル、具を1つ50セント(3つ入れているから1.5ドル)、合計12ドルというものです。

ベースは、オムレツ・パン・デザートとしてのパイナップル・サイドとなっていて、パンとサイドは「チーズバーガーワイキキ」でも紹介した選択肢の中から選べます。

でもこのハワイアン、オムレツの中にもパイナップルが入っているので、苦手な人もいるかもしれません。オムレツ自体は塩加減が丁度よく、意外にもフンワリしていました。

チーズバーガー 朝食メニュー パンケーキ
▲朝食メニュー・パンケーキ

そしてこちらは、バナナマカデミアパンケーキ。(BANANA MAC STACK)

生地にマカデミアナッツとバナナが練りこまれた、ふわっと厚めのパンケーキです。

専門店と同等とまでは行かないけれど、なかなかフンワリしていて重くない生地です。(シェアがおすすめ)

10ドル。

これらの朝食メニューも悪くはないのですが、コーヒーも付いて5.99ドルの「ブレックファスト スペシャル」がお手軽で好きです。

チーズバーガービーチウォーク Cheeseburger Beachwalk

  • 場所:ワイキキ中央マップ・ワイキキビーチウォーク2階
  • 朝食の営業時間:8:00〜12:00
  • 営業時間

    ◎日〜木 / 8:00〜23:00

    ◎金・土 / 8:,00〜深夜 0:00

 

リーズナブルな、海沿いレストラン&カフェ(ワイキキ編)

「海の見えるレストラン」も、中心地から10分〜15分歩けばお値段もリーズナブルに。混雑する時間帯もありますが、カジュアルで良い雰囲気です。

ルルズ ワイキキ Lulu's Waikiki

ルルズ ワイキキ オーシャンフロント
▲海寄りのカウンター席。朝におすすめ。

ワイキキ動物園の手前、カラカウア通り沿いスターバックスの2階にある「ルルズ ワイキキ」。

道路越しにワイキキビーチが広がり、気持ち良い風が抜ける、オープンエアの心地よいカジュアル・レストランです。

では、朝食メニューをご紹介いたします。

ルルズ ワイキキ 朝食メニュー エッグベネティクト ロングボードベネティクト+フレッシュフルーツ
ロングボードベネティクト+フレッシュフルーツ

こちらは「ロングボード・ベネディクト」(1ドル追加でフルーツ盛り)。

$12 ($11+$1)

普通に注文した場合サイドメニューは、ハッシュブラウン・白米、コーンビーフハッシュからの選択するのですが、1ドル追加すると、写真の「フルーツ盛り」に変更できます。

(見落としそうだけど「Substitute fresh fruit side for $1」って書いてある)

サイドが重いと食べきれないし、油っぽくなって美味しさの印象も変わってくるので「1ドル追加でフルーツに変更」が、私のおすすめです。

ルルズ ワイキキ 朝食メニュー スタッフド フレンチトースト
▲スタッフド フレンチトースト

そしてこちらは、スタッフド・フレンチトースト。12ドル。

ボリュームたっぷりのフレンチトーストで、甘さは控えめ。

中のリリコイクリームチーズが優しい酸味と合い、とても美味でした。

ルルズ ワイキキは、朝食・ランチ・ハッピーアワーにと、何かと足を運んでいるお気に入りレストラン。

特に、これらの朝食メニュー2品(フルーツ付)を、海に面したカウンター席でいただくのが好きです。(昼と夕方は、このカウンター席が暑くなるから朝に。。。)

ルルズ ワイキキ Lulu's Waikiki

  • 場所:ワイキキ東部MAP(パークショアワイキキホテル2階)
  • 朝食メニュー提供時間:AM 7:00〜AM 10:30
  • 営業時間

    ◎ブレックファスト / 7:00〜10:30

    ◎ランチメニュー / 11:00〜17:00

    ◎ハッピーアワー / 15:00〜17:00

    ◎ディナーメニュー / 17:00〜23:00

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe

ベアフット ビーチカフェ
▲ベアフット ビーチカフェ

ベアフットビーチカフェは、海沿いにあるアウトドアなカフェ。

ワイキキの中心地から、ダイヤモンドヘッド方向へビーチ沿いを歩くと、赤いパラソルが見えてくるので、場所は分かりやすいです。

(この写真・奥に、ワイキキの中心・ホテル群が写っているのですが、位置関係分かりますか?)

ベアフットビーチカフェは、カウンターで注文&受取、片付けもセルフサービスというカフェスタイル。席も「公園の延長」みたいな場所にあり、カジュアルな感じです。

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe ワイキキ 朝食メニュー フレンチトースト
▲フレンチトースト with フルーツ(朝食メニュー)

こちらは、朝食メニューの「フレンチトースト with フレッシュフルーツ」12ドル。

フレンチトースト(9ドル)に、フルーツをトッピングしたものです。

見た目はバッチリ!
味は普通です。

とは言え、その「普通」が海外においては意外と大事。(だと思う)
甘過ぎることはなく食べやすかったのでね。ただ、フルーツの新鮮さは無かったかな。

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe ワイキキ 朝食メニュー  キングスベーグル
▲ザ・キングスベーグル(朝食メニュー)

そしてこちらも朝食メニューの、ザ・キングス・ベーグル。9ドル。

スモークサーモンとクリームチーズのベーグルです。

サーモンの質は悪くなく、大判が2枚。オニオンの状態も良かったです。クリームチーズは市販品(小分け)が、そのまま提供されました。

ベーグル・サーモン・オニオンが共に2枚ずつ入っていたので、ベーグルに具を挟むのではなく、上に乗せて2つ作り、2人で分けました。

全体的に決してマズくは無いのですが。。。、肝心のベーグルが固くて良くなかったので、次はコレ以外を注文しようかと思っています。

ちなみに、以前はあった「ジャパニーズ・ブレックファスト」は、2016年現在、メニューにはありませんでした。

ベアフットビーチカフェは、景色は最高でリーズナブルという良い面がある一方、緑多き場所であるがゆえにハエが多いという欠点もあります。

食事をしながら、常にもう片方の手はハエ除けの為に振り回し、優雅とは真逆の状況だったので、本当におすすめなのは、この最高のロケーションで、スムージーなどの飲み物メニューだけを注文することだなぁ。。と食べながら思っていたのでありました。

あ、でも、金・土のディナー時に注文できるステーキは、ハエとの戦いに挑んででも、また訪れたいと思うほどコスパも雰囲気も良かったですよ。

ベアフット ビーチカフェ Barefoot Beach Cafe

  • 場所:ワイキキ東部
  • 朝食メニュー提供時間:AM 7:00〜PM 2:00
  • 営業時間

    ◎ブレックファスト / 7:00〜14:00

    ◎ランチメニュー / 不明〜21:00(ラストオーダー 20:30)

    ◎ディナーメニュー / 不明〜21:00(ラストオーダー 20:30)

    ◎金・土 BBQ / 17:30〜20:30

シナモンズ イリカイ Cinnamon’s at the ‘Ilikai

シナモンズ ワイキキ イリカイホテル
▲欧米人で賑わっています(写真はテラス席)

ご存知、カイルアの人気朝食店「シナモンズ」が、ワイキキの「イリカイホテル」内にもあります。

ヨットハーバーの前に建つオーシャンフロント・レストランでありながら、カジュアルなのがいいですね。

席は、オープンエアが気持ち良い広めのテラス席と、海を眺められるカウンター席、バーカウンターの席、ガラス張りの室内席があります。

テラス席は大人気で、ある日9時半頃に行ったら、テラス席はウエイティング○○番目だけど、屋内だったらすぐ入れるわよ〜と言われたことがあります。テラス席が大好きな私も、蒸し暑かったその日に限っては冷房の効いた部屋でも良かったこと、あまり待ちたくなかったこともあり室内にしてみました。室内席はガラス張りで明るく、空調で涼しかったので、悪くはなかったです。

(テラス席も屋内席も、座ってしまえば海はあまり見えないんです。立つと見えますが。。。でも、テラス席は開放感たっぷりです。海を眺められるカウンター席は、座席が高いので海が見えます。)

シナモンズ 朝食メニュー Da Sunshine
▲Da Sunshine Combo ハーフオーダー(シナモンズ)

この日は「ダ・サンシャイン・コンボのハーフオーダー」を頼んでみました。

$11.75(ハーフオーダー)
$15.75(フルオーダー)

焼いたマフィンに厚切りハム・トマト・ほうれん草が乗り、タップリのチーズソースがかかったボリュームたっぷりの料理です。

ハーフオーダーでもこんなにあるんです。(多い!)

2人でシェアしました。味は普通です。

シナモンズ ワイキキ
エッグベネディクトと酸味系の各種パンケーキが有名

シナモンズは、看板メニューの「エッグベネディクト」と「甘酸っぱいパンケーキ類」で有名。

パンケーキも、2枚か4枚でオーダーできるのですが、2枚で十分です。

楕円形の長手方向で18センチ位ある大判パンケーキですので。。。

この日は、写真の中央にあります「シナモンアップルパンケーキ」にしてみました。

2枚オーダーで6.95ドルと安いんですが、これと言って特徴もなく。。。

やっぱり「グアバ シフォン パンケーキ」(写真:左上)が一番美味しかったのは間違いありません。

エッグベネディクトグアバパンケーキなど、他メニューの感想は、シナモンズ・カイルア店の記事でご紹介しています。

シナモンズ | カイルアで朝食レストランと言えばココ

ワイキキのシナモンズは、各社トロリーの停留所があるイリカイホテル内なので、近くに宿泊していなくても行きやすいこと、雰囲気が良いこと、安いこと(ハーフオーダーでもボリューム感あり)が良いと思っています。

シナモンズ イリカイ Cinnamon’s at the ‘Ilikai

  • 場所:ワイキキ西部(イリカイホテル・ロビーフロア)
  • 朝食メニュー(パンケーキ・エッグベネディクト等):AM 7:00〜AM 14:00
  • 営業時間

    ◎ブレックファスト / 7:00〜14:00

    ◎ランチメニュー / 11:00〜14:00

    ◎ディナーメニュー / 16:00〜21:00(パンケーキはディナーも注文可)

ワイキキ店(イリカイホテル)は、ディナー営業もしています。

 

軽めの朝食(ワイキキ編)

イートインコーナーのある軽食カフェのラインナップです。
夕食がヘビーな予定の日は、この辺で抑えておくことが多いです。

ビーチウォークカフェ BeachWalk Cafe

ビーチウォークカフェ ワイキキ

「ビーチウォークカフェ」は、アウトリガーリーフホテルの正面玄関前にある小さなカフェ。

店内は販売スペースのみ、外にはテーブル席やカウンター席がちょっとずつ用意されています。

座席数が少ないので長居する雰囲気ではなく、サクッと食べる感じですね。

ビーチウォークカフェ ワイキキ テラス席

ビーチウォークカフェのメニューは、ベトナム風サンドイッチのバインミー、パニーニ、スープ(バケット付)、プレート、

アサイーボウル、スムージー、ジェラート、マカロンなど、

ちょっとだけ食べたい時に役立ちそうな軽食系が揃っています。

ビーチウォークカフェ ワイキキ バインミー
スペシャルコンボ

私がオーダーしたのはこちら。

スペシャルコンボ。
15.75ドルです。(2016年8月時点)

6種類のバインミーの中から好きな3種類を選ぶというもの。

バインミーは、通常サイズ(単品)の半分の大きさです。

私は、バーべキューチキン・ミートボール・ターキーを選択。2人で分けることに。(ボリュームがあって丁度良かった)

作り置きではなく、注文を受けてから作ってくれるシステムなので、ちょっと待ちます。

フランスパンは、オーブンで軽く焼いてから提供されるので表面はサックリ。
酢漬けの野菜は、酸味が控え目で食べやすかったです。

また、ミートボールは優しい味付けで、肉の旨味がパンに染みて良い感じに。
バーベキューチキンは少し濃い目の味付けで、これまたプレーンなバケットに染みて美味しかったです。ターキーはあっさりしているので、胃が疲れた時にも良いと思いました。
(これらは単品メニューもあります。10ドル以下)

ホノルルの有名カフェ「ラ・トゥール・カフェ」のパンが使われているとあって、小さなカフェながら、クオリティの高いバインミーを頂くことが出来ました。おすすめです。

ビーチウォークカフェ BeachWalk Cafe

  • 場所:ワイキキ中央(アウトリガーリーフ正面玄関前)
  • 営業時間:8:00〜23:00(終日同メニュー)

タッカー&ベビー Tucker & bevvy Picnic Food


タッカー&ベビー TUCKER & BEVVY 店内
▲タッカー&ベビーのイートインコーナー

「タッカー&ベビー・ピクニックフード」は、ワイキキ動物園の手前にある軽食カフェ。

ヘルシー志向のサンドイッチやパニーニ、トルティーヤ、アヒラップ、サラダやスムージーを販売するお店で、店内にもイートイン・スペースがあります。

オアフ島のオーガニック卵、ハワイ産の牛肉、オーガニックorハワイ産の野菜や果物、抗生物質未使用のチキンやターキーを使用するなど、食材にはかなりこだわっているとの事。

タッカー&ベビー TUCKER & BEVVY 朝食メニューの看板 3ドル?

そんな「タッカー&ベビー」の入口には、こんな気になる看板が。。。

----------------------------

Morning Special
6 am〜10 am

$3 Banana
Smoothie
with any
Breakfast Panini

----------------------------

モーニング・スペシャ
AM6:00〜AM10:00

$3ドル バナナ
スムージー with どの
朝食パニーニでも

----------------------------

???えっ 何これ?!
こんな安いわけある?

私はこの看板を見て、「バナナスムージーと、好きな朝食パニーニ、両方セットで3ドルなのか?」と・・・、疑いながらも、もし本当ならめちゃ安いと思い、聞いてみることにしました。

答えは、

「もし、朝食パニーニをどれか注文すれば、バナナスムージーが3ドルで買える」

というセットでした〜。(ノ'ω')ノ
(そう来たか。。。)

ちなみに、バナナスムージーの通常価格は5.5ドルなので、モーニングスペシャルにすることで、2.5ドルお得になります。

タッカー&ベビー TUCKER & BEVVY 朝食メニュー
▲モーニングスペシャル(タッカー&ベビー)

で・・、折角なので注文してみました。

レックファスト・パニーニは、「スモークサーモン・クリームチーズ, ケイパー, トマト, キュウリ」を選択。7.5ドル。

バナナスムージー3ドルと合わせると10.75ドル。税込だと10.99ドルです。

他のブレックファスト・パニーニは、お食事系が6.5ドル位、甘系は3.5ドルからありました。

私が頂いたスモークサーモン・パニーニは、外はサックサクで、塩味が少し強めのスモークサーモンを、チーズとキュウリがマイルドにまとめていて、とても美味しかったです。
バナナスムージーは、バナナの濃厚さと少し酸味もあって、スッキリ飲めて朝にぴったりな美味しさでした。

本当は1人1セットずつ欲しい所でしたが、2セット注文すると2,000円位になってしまうので(高っ!)、1セットを2人で分けました。(パニーニは、2つにカットされています)味はとても美味しいですよ!

タッカー&ベビー・ピクニックフード Tucker & bevvy Picnic Food

  • 場所:ワイキキ東部(ワイキキ動物園近く・パークショアホテル1F)
  • モーニングスペシャル:6:00〜10:00
  • 営業時間:6:00〜19:30

ハワイアン・クラウン・プランテーション
Hawaiian Crown Plantation

ハワイアン・クラウン・プランテーション ブレックファストコンボ
▲ブレックファスト・コンボ
(ハワイアン・クラウン・プランテーション

「ハワイアン・クラウン・プランテーション」は、甘くて美味しいパイナップルを生産する農園直営のカフェ。

パイナップルの他、オーガニックカカオ・コーヒー豆・マカデミアナッツなども自社栽培し、これらを扱うお土産・チョコレートも充実しています。

写真は、ブレックファスト・コンボ。

アサイーボウル(Lサイズ)と、コーヒー(Sサイズ)がセットで、10.25ドルでした。(2016年8月)

このアサイーボウルは、パイナップル農園直営店らしさが出ていて、適度な酸味のパイナップルが多く乗っていたり、同じく自社で獲れたと思われるカカオフレークも添えられている点が珍しく、味に変化をもたらしていて美味です。

ちなみにこちら、「ブレックファスト・コンボ」という名前ですが、よく見てみると、グランドメニューにも同じ組み合わせが同じ価格で売られていましたので、朝以外でも注文できるようです。www

ハワイアンクラウンプランテーション 100パーセントパイナップルジュース
▲100%パイナップルジュース
(ハワイアン・クラウン・プランテーション

また、「ハワイアン・クラウン・プランテーション」は、100%パイナップルジュースもおすすめです!

5.75ドル(2016年8月)

パイナップルの味が濃く、適度な甘さのフレッシュジュースが、すごく美味しいのです。

「罪悪感のないスイーツ」だと私は思っているんです。。。

(↑糖分はあると思いますけど。。)

ハワイアンクラウンプランテーション パイナップルジュース
▲ハワイアン・クラウン・プランテーションの外観

場所はクヒオ通り沿い。

フードパントリーから徒歩2分位、ハイアットリージェンシーからなら歩いて4分位の所です。

外観はすごーく地味なので、気を付けないと通り過ぎちゃいそうですが、お店の中は可愛い感じです。

イートインスペースとして、ちょっとしたカウンターが数席(7〜10席)ありますよ。

ハワイアン・クラウン・プランテーション Hawaiian Crown Plantation

  • 場所:ワイキキ中央MAP(クヒオ通り沿い・フードパントリー近く)
  • 営業時間

    ◎月〜土 / 8:00〜20:00

    ◎日 / 9:00〜18:00

ラニカイジュース Lanikai Juice

ラニカイジュースのピタヤボウル

ラニカイジュース」は、ヒルトンハワイアンビレッジ内・タパプール付近にある人気のジュースバー。

スムージーやアサイーボウルなど、フルーツを使った健康的なメニューがいただけるカイルアタウン発の有名店ですね〜。

ちなみにこちらは、ピタヤボウル。

ポリフェノール補給して、ハワイの陽射しに打ち勝たないと。。。

ラニカイジュース アサイーボウル

そして、こちらはアサイーボウル

ピタヤボウルと同様、こちらもポリフェノールたっぷりらしい。

抗酸化作用を期待して、せっせと摂る私。。。(笑)

どちらも美容には良いとのことなので、酸味がお好みならアサイーボウルを、酸味がお嫌いならちょっとマイルドなピタヤボウルがおすすめです。

ラニカイジュース Lanikai Juice

  • 場所:ワイキキ西部(ヒルトンハワイアンビレッジ1F・タパプール付近)

    (ワイキキショッピングプラザ店は、2016年9月に閉店しています)

  • 営業時間

    ◎月〜土 / 6:00〜20:00

    ◎日 / 6:00〜19:00

ジャンバジュース jamba Juice

ジャンバジュースのピタヤボウル
▲ピタヤボウル(24oz)大きいサイズは結構な量

「ジャンバジュース」も、ラニカイジュースと同様、フルーツを使った健康的なジュースバー。

ジャンバジュースはチェーン店で、ハワイ内に沢山店舗がありますので、何かと寄る機会も多いです。

ちなみにこちらは、ピタヤプリモボウル。(24oz)

トッピングは、バナナ・ココナッツフレーク・オーガニックグラノラとシンプルですが、ピタヤの中にはマンゴー・パパイヤ・パッションフルーツ・パイナップルが入っています。

味はマイルドな酸味で食べやすく、グラノーラと、一緒に入っている無糖ナッツの食感が美味しさを増幅している感じ。甘い要素は感じないので、サッパリとした味を欲している時に特にオススメです。

大きいサイズ(24oz)は結構な量があり、2人でシェアしました。

ジャンバジュース スムージー

スムージーは、本当に沢山の種類があり、軽い朝食の代わりにもなります。

以前、ハワイで風邪を引きそうになった時(だるい感じ)、ジャンバジュースのビタミンがたっぷり入っているスムージー(大)を一人で飲んだら、薬を飲まずに回復したことが。。。

朝から夜まで、遊び疲れた時にも良いかもしれませんね〜。

ワイキキのジャンバジュースは、2016年11月にリニューアルオープンした「ワイキキトレードセンター店」と「アストンワイキキビーチ店」にありますよ。(どちらも、上のオリジナル地図では、icon-repo19.gifで表示しています)

ジャンバジュース jamba Juice

  • 場所
    1. ワイキキ中央
      (ワイキキトレードセンター1F / ハイアットセントリックワイキキビーチ1F)
    2. ワイキキ東(アストンワイキキビーチ1F)
  • 営業時間

    ◎月〜木 / 6:30〜20:30(トレードC)・6:30〜21:30(アストン)

    ◎金 / 6:30〜21:00(トレードC)・6:30〜21:30(アストン)

    ◎土・日 / 7:00〜20:30(トレードC)・7:00〜21:30(アストン)

コナコーヒー・パーベイヤーズ
Kona Coffee Purveyors

コナコーヒー・パーベイヤーズ
▲コナコーヒー・パーベイヤーズは、
クヒオ通りに面しています

「コナコーヒー・パーベイヤーズ」は、上質でとっても美味しいコナコーヒーがいただけるベーカリー&カフェ。

場所は、新しいインターナショナル・マーケットプレイスの1階・クヒオ通り側にあります。

コナコーヒー・パーベイヤーズ
▲スコーン・ケーキ・クロワッサン

店内で焼き上げたスコーンやクロワッサンがすごく良い香り♪

小さめサイズのケーキ類もありました。

コナコーヒー・パーベイヤーズ
▲コナコーヒーは4ドルもするけど、すごく美味しい

コーヒーは4ドルと高いのですが、また飲みたいと思えるような良いお味でした♪

よく見てみると、ハワイ島・コナの「標高が高い場所に位置する農園から出荷される豆」を使っているんだとか。。。(ほほ〜ぉ)

コーヒーとパンだけ・・という簡単なお食事をしたい時に、覚えておきたいコーヒーショップだと思いました。

新インターナショナルマーケットプレイスがオープン!レストラン店舗情報 1/2

コナコーヒー・パーベイヤーズ Kona Coffee Purveyors

 

ハワイの朝食感はんぱない♡アサイーあんなにたくさん食べてみたい!

クロワッサンやスコーン、フレンチローストもハワイで食べたらまたひと味もふた味も美味しいんだろうなあ~♡

よだれでそうですが、その2はここまで♪まだまだつづきます・・・

以上!飯田祐巳でしたー♪